aaa
今日は、3年生が社会科の学習で「昔のくらし体験会」を行いました。寒い中、学校に来て下

さった9人のゲストティーチャーの方から、昔の人たちの生活についてたくさんのことを教えて

いただきました。最初に中庭で七輪を使って火おこしを体験。七輪に入れた松葉や小枝にマッ

チで火をつけ、火吹き竹やうちわを使って一生懸命に火をおこしました。炭になかなか火がつ

かなくて苦戦していた子ども達ですが、ゲストティーチャーの方から火おこしのコツをやさしく教

えていただきながらがんばりました。七輪でじっくり焼いていただいたお餅やウルメイワシの味

は最高でした。最近はあまり使うことのなくなった七輪を通して、昔の道具のよさや昔の生活の

大変さにも気づくことができたようです。次に教室に移動して、昔の生活についてゲストティー

チャーの方に教えていただくお話し会。事前に子ども達がまとめておいた昔のくらしについて知

りたいと思っていたことをどんどん質問しました。ゲストティーチャーの方から、昔の食べ物やお

やつ、子ども達の遊びなど、たくさんのことを教えていただき子ども達から驚きの歓声が上がる

ことも度々でした。豊かで便利な生活が当たり前となっている今の子ども達にとって、昔の人た

ちの苦労や知恵や工夫に触れることができた絶好の機会となりました。お忙しい中、ご協力下さ

いましたゲストティーチャーの方々に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

        
2018.02.06