aaa
今日は、今年で第38回目となる「子どもひったか集会」でした。この集会は、金浦地区の伝統

的民俗行事である「ひったか」を参考に金浦小学校で毎年行っている恒例の伝統行事です。

まず、ひったか保存会の会長さんより、「ひったか」のいわれについてのお話を聞きました。

次に、この日に向けて兄弟学年やPTAの方が協力して作成した作品が披露されました。今年

は、1・6年が「稀勢の里」、2・5年が「カブ希」、3・4年が「ミニオン」、PTAは「カープ坊や」でし

た。どの作品も昨年から今年にかけて話題となったものを題材に作成し、どれも見応えのある

力作ばかりでした。その後、兄弟学年で「じゃんけん騎馬戦」や「おしぐらんご競争」「かぶと運び

リレー」などのゲームをみんなで楽しみました。全校ゲーム「ひったかビンゴ」では、ビンゴした子

どもに手作りのメダルも贈られ、会場は大いに盛り上がりました。集会の最後には、「おしぐらん

ご」に参加する13名の子ども達が紹介され、意気込みを語りました。

今年の「ひったか」は、27日(土)の夜に開催予定です。初夏の夜空に浮かび上がる絵模様とと

もに金浦小学校の作品も吉田川に展示されます。今からとても楽しみです。「おしぐらんご」は、

28日(日)の10:30から開催予定です。これまでの練習の成果を発揮して、頑張ってくれること

を期待しています。

午後からは、「ひったか」本番に向けて、6年生34名が会場となる新川の清掃を行いました。

暑い中、地域のためによく頑張りました。これからも地域の伝統を大切に引き継いでいって欲し

いと願っています。

                   
2017.05.25