aaa
今週は「歯と口の健康週間」です。今月の体重測定前に、養護教諭がクラスごとに砂糖の量と

むし歯についてのミニ指導を行っています。最初にコーヒーにどれだけの砂糖が溶けるかを子

ども達の前で実験。それをもとに子ども達がよく口にするオレンジジュースやコーラ、ポカリスエ

ットの中に溶けている砂糖の量を予想するという楽しい学習でした。むし歯ができる仕組みも紙

芝居で分かりやすく学びました。保健室前の廊下には、養護教諭手作りの歯の模型や歯に関す

る書籍も展示され子ども達の意識付けを図っています。歯に関する保健指導は、これからも各ク

ラスでの学級指導や家庭での生活スマイルカード、月末の保健委員会によるミニ集会と続きます。

一生使う自分の歯をいつまでも大切にできる人になって欲しいものです。

      
2016.06.07