aaa
今日は、金浦の宝であり、笠岡市無形民俗文化財である「ひったか」と「おしぐらんご」が盛大に

行われました。前日開催される予定であった「ひったか」が雨のため順延となったため、今年は

同一日開催となりました。午前中に行われた「おしぐらんご」は、雨の中での開催となりましたが、

小学生18名も元気に参加し、連休から練習に励んできた成果を発揮して頑張りました。午後か

らは、雨も上がり、前日中断していたひったかの準備を保護者の方と職員で行いました。前日に

建てた鉄柱に子どもひったかの作品をくくりつけ、夜の展示に備えました。ご協力をいただいた

保護者の皆さまに心よりお礼申し上げます。夜には、東の行者山、西の妙見山の提灯に灯りが

ともされ、夏の夜空に今年の絵模様が浮かび上がりました。今年の絵模様は、東も西が「くまモ

ン」でした。熊本の一日も早い復興を願う金浦の方々の温かい気持ちが伝わってくる作品でした。

たくさんの夜店も立ち並び、浴衣や甚平姿の子ども達にとって、今年も心に残る夏の行事となり

ました。これからも、地域の伝統行事をみんなで大切にしていきたいものです。

        
2016.06.05